吹田徳洲会病院 院内感染対策に関する取組事項

1.院内感染対策に関する基本的考え方

感染防止対策は、安心・安全な医療提供の基盤となるものです。
当院は、感染防止対策を病院全体として取り組み、病院に関わる全ての人々を対象として、院内感染発生の予防と発生時の速やかな対応を行うことに努めます。

2.院内感染対策のための組織に関する事項

当院における感染防止対策に関する意思決定機関として、院内感染対策委員会を設置し、毎月1回会議を行い、感染防止対策に関する事項を検討します。
病院長の直轄に感染対策室を設置します。また、感染防止対策の実務を行う感染防止対策チーム(ICT)を設けます。ICT とは別に、抗菌薬適正支援チーム(AST)を組織し抗菌薬の適正使用の実務を行います。

3.職員の院内感染対策研修に関する事項

職員の感染防止対策に対する意識・知識・技術向上を図るため、全職員を対象とした研修会を年2回以上行います。

4.感染症発生状況報告に関する事項

院内における感染症の発生状況は、感染対策室が把握し、院内感染対策委員会へ報告します。また、院内へ周知します。

5.院内感染発生時の対応に関する事項

感染症患者が発生または疑われる場合、感染防止対策チーム(ICT)が速やかに感染対策に対応します。また、必要に応じ、通常時から協力関係にある地域の他医療機関や保健所と速やかに連携し対応します。

6.患者などに対する情報提供に関する事項

この取組事項は、患者などに感染対策の理解と協力を得るために、院内掲示や病院ホームページに掲載を行い、積極的な閲覧の推進に努めます。

7.地域連携に関する事項

地域の病院・医療施設と連携し、各施設の感染対策に関する相談を受け、問題点を定期的に検討しています。

8.その他院内感染対策の推進のため必要な基本方針

感染対策に関するマニュアルを整備し、定期的な見直しと病院職員へ周知徹底を図ります。

2023 年 5月 1日
吹田徳洲会病院 病院長

吹田徳洲会病院

外来診察担当医表

診療時間

  • ※1診療科により、平日午後診・土曜日午前診もございます。
    また、診察時間は診療科により異なることがございます。詳細は外来診察担当医表をご覧ください。
  • ※2夕診は、交代制の総合診療科のみとなります。