麻酔科

概要

当院麻酔科は、麻酔診療において、第一に安全である、第二に患者さまにとってできるだけ苦痛の少ない管理を実施することを目指しています。手術麻酔における麻酔科医の役割とは「手術中、患者さまの大切な命を守る」ということに尽きます。
また、麻酔を実施する前に、患者さまの体が麻酔と手術に耐えられるかどうかを判断しなければなりません。安全に麻酔管理を行うには、術前の麻酔科外来診療での評価に基づく十分な準備が不可欠であると言えます。
もちろん、術前に麻酔科医が麻酔管理の説明を行い、ご理解と同意を得ることを原則にしています。術後の痛みに対しては、硬膜外麻酔などいろいろな方法で、できるだけ苦痛の軽減を図っております。
麻酔に関するご相談がありましたら、いつでもお気軽にご連絡下さい。


担当医の紹介

部長宮尾  章士

平成10年卒

資格・専門医
日本麻酔科学会 指導医・専門医

所属学会
日本麻酔科学会

医師濱野 剛

平成18年卒

資格・専門医
麻酔科標榜医
JB-POT

所属学会
日本麻酔科学会


吹田徳洲会病院

外来診察担当医表

診療時間

  • ※1診療科により、平日午後診・土曜日午前診もございます。
    また、診察時間は診療科により異なることがございます。詳細は外来診察担当医表をご覧ください。
  • ※2夕診は、交代制の総合診療科のみとなります。