脳神経外科
脳神経血管内治療科

脳神経外科

診療内容・特色

当科で扱う疾患は主に、頭部外傷、脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)、脳動脈瘤、脳動静脈奇形や脳腫瘍があります。さらに顔面痙攣、三叉神経痛、てんかん、頭痛、認知症の原因疾患のひとつである正常圧水頭症があります。受診される症状として、意識障害、認知症の悪化、頭痛、めまい、ふらつき、しびれ、運動麻痺(脱力)、視覚障害(視力、視野障害)、言語障害(ろれつ障害)、聴力障害、顔面痛、顔面神経麻痺、顔面けいれんなどがあります。これらの症状の精査、診断、治療をしていきます。上記の症状を引き起こす疾患は当科の領域外の疾患もあり、適切な診療科への紹介も行います。またセカンドオピニオンをご希望の方にも対応いたします。

1) 脳神経外科領域のすべての疾患並びに救急疾患を受け入れます。24時間365日対応の救急隊との脳卒中ホットラインを開始しています。
2) 高度な脳神経外科領域の診断・治療を提供します。開頭手術と血管内治療(カテーテル)治療に豊富な経験を有しています(双方の領域の指導医が在籍しています)。


対象疾患
  • ・脳卒中(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血)
  • ・脳・脊髄の腫瘍性病変(髄膜腫、下垂体腺腫、神経鞘腫、神経膠腫、
     中枢神経系悪性リンパ腫、転移性脳腫瘍、がん性髄膜炎)
  • ・頭部・脊椎外傷性疾患(急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、慢性硬膜下血腫など)
  • ・中枢神経系感染疾患(髄膜炎、脳炎、脳膿瘍)
  • ・機能的疾患(顔面けいれん、三叉神経痛、てんかん発作など)
  • ・頭痛各種(片頭痛、筋緊張性頭痛、など)
  • ・水頭症(正常圧水頭症など)
  • ・認知症(アルツハイマー型認知症など)

脳神経血管内治療科

診療内容・特色

脳神経血管内治療科は、脳脊髄の血管の血管撮影を行い、診断を確定し、各種の血管性疾患を血管の内側からカテーテルを用いて低侵襲で治療する診療科です。一般に、出血を引き起こす脳動脈瘤、脳動静脈奇形や、動静脈の短絡路を持つ疾患や血管に富んだ腫瘍に対して、コイルや液体塞栓物質などを用いて脳動脈瘤、脳動静脈奇形、異常血管を閉塞させます。脳梗塞を引き起こす血管の狭窄・閉塞性疾患に対しては、血栓を除去したり、ステントを用いて血管を拡張させて血管を開通させる治療を行います。当科では30年以上にわたる脳血管内治療経験と約900例の脳動脈瘤開頭術の執刀治療経験があり、カテーテル治療と開頭手術の指導医資格を併せ持つ指導医が担当します。脳神経血管内治療対象疾患は以下の通りです。

対象疾患
出血性疾患
  • ・脳動脈瘤
  • ・脳動静脈奇形
  • ・硬膜動静脈瘻
  • ・髄膜腫など血管に富んだ腫瘍
    閉塞性疾患
  • ・内頸動脈狭窄
  • ・鎖骨下動脈狭窄
  • ・頭蓋内動脈狭窄
  • ・急性期脳梗塞
担当医の紹介

脳神経外科
脳神経血管内治療科
部長 宇野 淳二

昭和58年卒

資格・専門医
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医・指導医
日本脳卒中の外科学会技術指導医

脳神経外科医長 川原 慎一

平成13年卒

資格・専門医
日本脳神経外科認定医
医学博士


外来診察担当医表
診療科 12/6
(月)
12/7
(火)
12/8
(水)
12/9
(木)
12/10
(金)
12/11
(土)
備考
午前脳神経外科川原 慎一(受付時間9:00~11:00)川原 慎一(受付時間9:00~11:30)
脳神経外科宇野 淳二(9:00~)宇野 淳二(10:00~)

吹田徳洲会病院

外来診察担当医表

診療時間

  • ※1診療科により、平日午後診・土曜日午前診もございます。
    また、診察時間は診療科により異なることがございます。詳細は外来診察担当医表をご覧ください。
  • ※2夕診は、交代制の総合診療科のみとなります。